ニュース

« ニュース一覧へ戻る

本寄付講座グループ長である須藤修教授が「Borderless Cyber Asia 2016」に登壇

DATE :
2016.11.02

2016年11月1日から 2日間、慶應義塾大学の三田キャンパスにて国際会議「Borderless Cyber Asia 2016」が開催されました。

この国際会議は、サイバーセキュリティに関する国際的な連携と、サイバー脅威情報の共有のための戦略や技術に関する意見交換を目的としています。

本寄付講座からグループ長である須藤修教授が登壇し、本寄付講座の活動を紹介するとともに、サイバーセキュリティ分野の研究と人材育成に関する国際的な大学連携に向けた同意書に調印いたしました。

調印式の参加者は以下のとおりです。

20161101_borderless_cyber_asia_2016_1

  (写真右より:敬称略)

  John Mitchell (Stanford University)

  David Luzzi (Northeastern University)

  Christopher Hankin (Imperial College London)

  Frank Stajano (University of Cambridge)

  Carolin Weisser( University of Oxford)

  手塚 悟 (慶応義塾大学)

  村井 純 (慶応義塾大学)

  須藤 修 (東京大学)

  藪 潤二郎 (早稲田大学)

  佐々木 良一 (東京電機大学)

  後藤 厚宏(情報セキュリティ大学院大学)

  ■ビデオ参加

  Betsy Cooper (UC Berkeley)

  Jens Groth (University College London)

 

サイバーセキュリティの確保は国際社会の喫緊の課題であり、世界水準の活動を推進するためには国際的な連携は欠かせません。

本寄付講座では、ハイレベルな研究と人材育成のため引き続き国際的な連携を強化してまいります。



  • パンフレットダウンロード